• ニュース
  • ソリューション
  • サービス・サポート
  • イベント・セミナー
  • 会社情報・IR情報
ホーム会社情報・IR情報IR情報 > コーポレートガバナンス

IR情報

コーポレートガバナンス
コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
当社は、健全かつ効率的で透明性のある経営体制及び内部統制システムを整備・構築することが、経営の最重要課題の一つであると位置づけており、経営環境の変化に迅速かつ的確に対応できる体制や仕組みを整備し、最大限の利益確保に努めてまいります。
 
 
コーポレート・ガバナンス体制の状況
1.機関構成・組織運営等に係る事項
 
 組織形態  監査役設置会社
 
【取締役関係】
 定款上の取締役の員数  7 名以内
 定款上の取締役の任期  1 年
 取締役会の議長  社長
 取締役の人数  6 名
 社外取締役の選任状況  選任している
 社外取締役の人数  1 名
 社外取締役のうち独立役員に指定されている人数  1 名
 
【監査役関係】
 監査役会の設置の有無  設置している
 定款上の監査役の員数  3 名以内
 監査役の人数  3 名
監査役、会計監査人、内部監査部門の連携状況
 社外監査役の選任状況  選任している
 社外監査役の人数  2 名
 社外監査役のうち独立役員に指定されている人数  2 名
 
【独立役員関係】
 独立役員の人数  3 名
 
 
2.コーポレート・ガバナンス体制の概要

〔取締役会〕
取締役会は、取締役6名(うち社外取締役1名)により構成されており、月1回の定時取締役会開催に加えて、必要に応じて臨時取締役会を適宜開催しております。
取締役会では、定款や法令で定められた事項の他、経営に関する重要事項についての審議・決定を行っております。

〔監査役会〕
監査役会は、監査役3名により構成されており、うち2名は社外監査役であります。社外監査役は、常に中立・公正な立場で取締役の職務執行状況を監査し、取締役会をはじめとする重要会議において積極的な提言を行っております。

〔経営会議〕
経営会議は、取締役、執行役員、部長、監査役等が出席して毎月1回開催し、取締役会で決定された経営方針や事業計画の伝達を行うとともに、執行役員や部門長から業務の執行状況や業績について報告を受けるなど、出席者相互の情報交換を通じて、業務執行上の意思疎通の円滑化を図っております。

〔内部統制委員会〕
内部統制委員会は、取締役全員で構成され、社長が委員長となり3ヵ月に1回以上開催し、取締役会が決定した基本方針に基づき、内部統制の体制の整備を行うとともに、運用状況を評価し、その改善を図っております。

〔リスク・コンプライアンス委員会〕
当社は、コンプライアンスを推進するために総括責任者や総括部署及び各部署にコンプライアンス責任者を設置しております。
コンプライアンス総括責任者、コンプライアンス責任者、内部監査室長等が出席するリスク・コンプライアンス委員会は3ヵ月に1回以上開催し、内部統制委員会の下部組織として、コンプライアンス及びリスク管理に関わる諸問題を討議し、改善活動に繋げています。また、必要に応じて顧問弁護士等を招聘し、助言を受ける体制を構築しております。

〔会計監査人〕
当社は、会計監査人として、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結しております。
 
 
3.監査役、会計監査人、内部監査部門の連携状況

内部監査室、監査役、会計監査人は、定期的な情報共有や意見交換を通して、相互の連携強化を高めております。監査役会は四半期毎に、会計監査人から説明を求めるなど相互の意見・情報交換を通して、監査役と会計監査人との連携の強化に努めております。また、常勤監査役は、内部監査の講評会に出席し、内部監査報告を受けるとともに、監査役の立場で意見を述べております。
 
 
4.現状のコーポレート・ガバナンス体制を選択している理由

当社は、取締役会、監査役会を設置するとともに、執行役員制度を導入し、取締役会による「決定・監督機能」と、執行役員による「業務執行機能」を分けることにより、意思決定の迅速化・効率化を図り、業務執行機能強化と業務執行責任の明確化を進めております。また、コーポレート・ガバナンス体制を強化し、企業価値の向上を図るため、平成28年5月26日開催の定時株主総会において、社外取締役1名を選任しております。さらに、社外監査役は、常に中立・公正な立場で取締役の職務執行状況を監査し、取締役会をはじめとする重要会議において積極的な提言を行っており、経営監視機能の客観性、中立性は確保されていると認識しております。
 

ページトップ