• ニュース
  • ソリューション
  • サービス・サポート
  • イベント・セミナー
  • 会社情報・IR情報
ホーム会社情報・IR情報IR情報 > ディスクロージャー・ポリシー

IR情報

ディスクロージャー・ポリシー
 
協立情報通信株式会社は、以下の基本方針に基づいてIR活動を実践し、フェア・ディスクロージャーを行なうことにより、株主・投資家の皆様の信頼と共感を得られる企業を目指します。


1. 情報開示の基準

金融商品取引法その他諸法令ならびに東京証券取引所の規則(以下、「法令・規則」)に則った情報開示を適時・適切に実施するとともに、投資判断に影響を与える決定事実、発生事実、決算に関する情報が生じた場合には、法令・規則の開示基準に従って開示します。
また、法令・規則の開示基準に該当しない場合でも、株主・投資家の皆様に当社を理解いただくために重要あるいは有益であると判断した情報につきましては、積極的に開示するように努めます。
なお、個人情報、顧客情報および関係者の権利を侵害することになる情報につきましては開示しません。


2. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所が提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」にて公開し、有価証券報告書等の開示書類は、金融庁が提供する「EDINET」を通じて公表します。
「TDnet」、「EDINET」に公開した情報は、速やかに当社ウェブサイト(以下、「当サイト」)に掲載します。但し、当サイトへの掲載は、準備の都合上、公表から遅延する場合もあり得ますので、あらかじめご了承ください。
その他、株主・投資家の皆様に当社を理解いただくために重要あるいは有益であると判断した情報につきましても、当サイトへの掲載等により広く開示することに努めます。


3. インサイダー取引の未然防止

当社は、インサイダー取引を未然に防止するための社内規程を定め、社員への周知徹底と理解啓蒙を促進するとともに、重要情報を適切に管理しています。


4. 沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、株主・投資家の皆様への公平性を確保するため、各四半期の期末日の翌日から各決算発表日までを「沈黙期間」としています。
この期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきます。
但し、「沈黙期間」中であっても、業績予想を大きく外れる見込が出てきたときには、法令・規則に従い、業績予想や配当予想の修正等に関する適時開示を行ないます。


5. 株価および第三者の投資判断への言及

当社では、現在の株価の妥当性、将来の株価の予測、第三者が提供した投資判断の妥当性についてのコメントは行ないません。


6. 業績予想および将来情報の取り扱い

当社が開示する業績予想、戦略、方針、目標等のうち、過去の事実以外のものは将来の見通しであり、これらは、当社がその時点で入手している情報・仮定および合理的であると判断される一定の前提に基づく計画、期待、判断を根拠としており、実際の業績等は様々なリスクや不確定な要因により変動可能性があります。


7. 免責事項

当サイトに掲載されている事項は、当社の財務情報および経営情報を理解していただくためのものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。実際に投資を行なう際は、ご自身の判断で行なっていただくようお願いします。
当サイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害につきましても、当社および情報提供者は一切責任を負いかねます。
 

ページトップ