• ニュース
  • ソリューション
  • サービス・サポート
  • イベント・セミナー
  • 会社情報・IR情報
ホームソリューション > InfoCage FileShell

IRM保護で機密情報を守る 情報漏えい対策ソフトウェア
InfoCage FileShell

提供企業:日本電気株式会社

InfoCage FileShellは、機密情報が含まれる電子ファイルをIRMで保護し、情報漏えいを防ぐソフトウェアです。
文書ファイルがどこに存在しても、適切なユーザーだけが安全に取り扱えるよう電子ファイルを「暗号化」、「ユーザー認証」、「アプリケーションの操作制御」により保護します。 またクラウドサービスと連携し、取引先など外部とIRM保護して安全に共有できます。

「InfoCage FileShell」3つのポイント

ファイルの暗号化と
利用者認証

万が一、機密ファイルが外部に流出した場合も、許可された利用者以外は閲覧できないため安心です。

閲覧・編集時も
ファイルを保護

FileShellであれば保護したファイルを保護されたまま開けるため、安全に機密情報を取り扱うことができます。

Office以外のファイルも
保護可能

PDFやテキストなど、Microsoft Office以外のファイル拡張子を変えず、元の拡張子のまま利用できます。

主な機能

特長 -様々な形式の電子ファイルをIRM保護

マイクロソフト社のActive Directory Rights Management サービス(AD RMS)を拡張して、 OfficeファイルだけでなくPDF、テキスト(txt、xml)、CADなどの様々な電子ファイルをIRM保護します。

保護対象のファイル形式 AD RMS AD RMS +
InfoCage FileShell※
MS Office(doc,xls,pptなど)
PDF
テキスト(txt,xml)
画像ファイル(bmp,jpgなど)
CAD
その他形式

※任意のファイル形式に対応可能です。閲覧に利用するアプリケーションによって、 一部機能が制限される場合があります。

特長 -クラウドサービス連携で安全に社外取引先と共有

クラウドサービスと連携し、安全に社外取引先とIRM保護したファイルを共有できます。

クラウド連携

導入のご相談は・・・

InfoCage FileShell導入のご相談を承ります。
実際の画面をご覧いただき、お客様の業務運用状況を伺いながらご紹介・説明しますので、お気軽にご質問ください。

個別相談会のお申込はこちら

ページトップ