• ニュース
  • ソリューション
  • サービス・サポート
  • イベント・セミナー
  • 会社情報・IR情報
ホームニューストピックス > 協立情報通信とマイクロソフトが、中堅・中小企業のクラウドサービスの活用促進に向けて協業強化

トピックス

2010年(平成22年)

協立情報通信とマイクロソフトが、中堅・中小企業のクラウドサービスの活用促進に向けて協業強化
~「マイクロソフト クラウド業務活用サービス」を4月22日(木)より提供開始~

2010年4月20日(火)

 協立情報通信株式会社(東京都港区、代表取締役社長:佐々木 茂則、以下 協立情報通信)とマイクロソフト株式会社(東京都渋谷区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下 マイクロソフト)は、中堅・中小企業におけるクラウドサービスの活用促進に向けて、協業を強化することを発表します。

 初期投資を抑えて最新の情報基盤を活用できるクラウドサービスの登場や、スマートフォンと企業システムのより高度な連携など、企業を取り巻くITソリューションがますます進化しています。そのような状況において、中堅・中小企業の多くは、そうした先端のITソリューションを自社システムに導入・活用していくための方法論や運用する体制が不十分であることから、ITソリューションの導入を控えたり、導入しても十分には活用しきれていない状況にあります。

 協立情報通信とマイクロソフトでは、中堅・中小企業のお客様に最適なクラウドソリューションとスマートフォンを活用することのメリットを正しく理解いただくとともに、お客様の業務に合ったITソリューションの活用を促進するために、協業を強化することにしました。協立情報通信が中堅・中小企業向けに2006年より提供している「情報創造コミュニティー 法人会員サービス」と、マイクロソフトの企業向けクラウドサービスである「Microsoft® Online Services」(注)を組み合わせた、「マイクロソフト クラウド業務活用サービス」を協立情報通信が4月22日(木)より提供するほか、協立情報通信が運営するドコモショップ八丁堀店(所在地:東京都中央区日本橋茅場町1-8-3)に、Microsoft® Online Servicesとスマートフォンとの連携ソリューションに関する法人相談カウンター「プレミアムサロン」を4月26日(月)より開設するなどを実施します。

 両社では本協業により、Microsoft® Online Servicesを、平成22年6月末までに100社、今後5年間に1,000社以上の企業に導入いただくことを目標としています。協業の具体的な内容は下記の通りです。

■ 協立情報通信
・「マイクロソフト クラウド業務活用サービス」と、同サービスをSharePoint Online の利用に特化してパッケージ化した「クラウド業務活用サービス スタートパック SharePoint Online版」を4月22日(木)より提供します。
 
・「クラウド業務活用サービス スタートパック SharePoint Online版」の販売開始を記念して、体験セミナーに参加いただいたお客様に、協立情報通信が運営するマイクロソフトソリューションスクールの講座受講券2枚を提供する、「ふくはちキャンペーン」を実施します。
 
・ドコモショップ八丁堀店(現:茅場町店)を改装し、4月26日(月)より、Microsoft® Online Servicesとドコモの スマートフォン連携ソリューションに関する法人相談カウンター「プレミアムサロン」を設置するほか、同店の法人担当者ならびに協立情報通信の法人担当者計50名全員にWindows® Mobile搭載のドコモ製のスマートフォンを配備し、クラウドサービスとの連携による業務での活用効果を検証するとともに、お客様への提案活動を強化します。プレミアムサロンの詳細は下記Webサイトを参照ください。
http://www.docomo-8.jp/corporation/service/m_n.html
 
・協立情報通信の全社員約200名に対してマイクロソフト クラウドサービスの教育を行うとともに、マイクロソフト認定資格者数を現在の13名から1年以内に20名まで拡充します。

■ マイクロソフト
・マイクロソフト クラウド業務活用サービス」および「クラウド業務活用サービス スタートパック SharePoint Online版」の提供に向けたテンプレートの開発等における技術協力を行います。
 
・協立情報通信の営業担当者、技術者の製品・テクノロジの理解を高めるための無償トレーニングを実施します。
 
・情報創造コミュニティーのショールームで展開するセミナーの協賛および講師の派遣支援を行います。
 
・情報創造コミュニティーのショールームでのセミナー、デモの共同開催と啓蒙活動を行います。
 
・Webサイトを中心したプロモーション支援を実施します。

■ 「マイクロソフト クラウド業務活用サービス」の概要
「マイクロソフト クラウド業務活用サービス」は、マイクロソフトのクラウドサービスと関連ツールを組み合わせて提供するとともに、その具体的な活用方法をお客様のニーズに応じて個別に提案・サポートする定額制のサービスです。業務サポートの豊富な経験を持ったスタッフが、中堅・中小企業のお客様に対して、活用教育や業務適用アドバイスを行ない、業務稼働できる水準になるまで支援するとともに、その後の運用までサポートします。入門編の「スタートコース」と、より深く活用いただくための「業務活用コース」の2種類があります。詳細は下記Webサイトを参照ください。
http://www.kccnet.co.jp/service/cloud.html

■ 「クラウド業務活用サービス スタートパック SharePoint Online版」の概要
「クラウド業務活用サービス スタートパック SharePoint Online版」は、「マイクロソフト クラウド業務活用サービス」の「スタートコース」に、SharePoint Online 25ユーザー分と、業務活用テンプレートをセットにして、1社につき月額3万円(税抜)で提供するサービスです。下記の6項目が含まれます。

1)SharePoint Online 25ユーザー分
企業内の情報共有やコラボレーションの基盤として利用できるSharePoint Onlineを25ユーザー分提供します。

2)活用事例紹介サービス
SharePoint Onlineを活用した各種の実践事例を、情報創造コミュニティーのショールームにおいて実機で体験できます。すでに SharePoint Onlineを活用している他企業の業務改善に向けた取り組みを学ぶことで、情報共有・活用のイメージを顕在化し自社展開に活用することができます。

3)業務活用テンプレート
協立情報通信がマイクロソフトの技術協力のもと開発した、Microsoft® Office向けテンプレート、SharePointサイト向けテンプレートを計4種類提供します。 これにより、さらに簡単に短時間で、SharePoint Onlineを活用できます。

4)情報活用サポート(バウチャーチケット制)
SharePoint Onlineを利用して情報共有を行う際に役立つ技術セミナーや業務活用アドバイスを受けることができるバウチャーチケットを1か月につき3枚提供します。定期講座は1枚で90分受講でき、実務データを検証しながらサイト設計まで行うマンツーマンアドバイスは2枚で90分となります。チケットの有効期限は半年間です。

5)ヘルプデスク
SharePoint Onlineおよび Microsoft® Office製品の操作サポート・トラブルシューティング等について、平日9:00-17:00に担当者が電話にて対応します。

6)経営実践セミナー
経営コンサルタントやエコノミストによる経営実践セミナーに参加できます。経営実践セミナーは3か月に1回開催予定です。

注:「Microsoft® Online Services」は、マイクロソフトがサーバーを運用して、お客様にサービスとして機能を提供する、ソフトウェアの新しい利用形態であり、2009年4月に日本においてサービスを開始しました。企業内にサーバーを設置するなどして利用いただいている、Microsoft® Exchange Server(電子メール・予定表など)や SharePoint Server(情報共有・文書管理など)を、インターネットや専用線を介したオンラインサービスとして提供させていただくことで、企業にとっては、システムの管理・メンテナンスが容易、導入作業が不要ですぐに利用できる、費用が月額払いになり初期投資が少なく済むなどのメリットがあります。機能や価格には複数のオプションがありますが、SharePoint Online および Exchange Online は、それぞれ1ユーザーあたり月額209円から利用いただけます。詳細は下記Webサイトを参照ください。http://www.microsoft.com/japan/online/default.mspx

* Microsoft、SharePoint、Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* Windows の正式名称は、Microsoft® Windows Operating System です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

ページトップ