• ニュース
  • ソリューション
  • サービス・サポート
  • イベント・セミナー
  • 会社情報・IR情報
ホームニューストピックス > サイボウズと協立情報通信がクラウドサービスの活用促進で業務提携
中堅・中小企業向け会計システム連携ソリューションを提供

トピックス

2011年(平成23年)

サイボウズと協立情報通信がクラウドサービスの活用促進で業務提携
中堅・中小企業向け会計システム連携ソリューションを提供 ~「会計情報活用促進サービス for クラウド」販売開始~

2011年12月1日(金)

サイボウズ株式会社(本社:東京都文京区 社長:青野慶久、以下 サイボウズ)と協立情報通信株式会社(本社:東京都港区 社長:佐々木茂則、以下 協立情報通信)は、中堅・中小企業向けのクラウドサービスの活用促進において業務提携を始めました。協立情報通信は、グループウェア「サイボウズ Office 9」クラウド版などのコラボレーションツールと会計システムを連携させ、業務コンサルティングやヘルプデスクなどの情報ケアサービスと合わせて提供する「会計情報活用促進サービス for クラウド」を、平成23年12月1日(木)より販売します。

■ 新サービス提供の背景
案件ごとの工数が管理されていない、プロジェクト終了後に赤字が判明する等、企業活動の実態がリアルタイムに把握できない問題を解決するためには、基幹業務システムと、営業部門や業務部門の案件管理や日報を連携させ、プロジェクトや案件ごとの個別原価を把握することが有効です。技術的には、クラウドサービスや、スマートフォン、タブレット端末などを用い、いつでもどこからでも情報システムへのアクセスが可能となりました。

■「会計情報活用促進サービス for クラウド」とは
「会計情報活用促進サービス for クラウド」は、協立情報通信が、クラウド版「サイボウズ Office 9」または、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:樋口 泰行、以下、マイクロソフト)の「Office365」に、オービックビジネスコンサルタント株式会社(社長:和田成史、以下OBC)が販売する会計システム「奉行シリーズ」を連携させた「情報活用テンプレート」を、業務活用コンサルサービスなどの情報ケアサービスとセットで提供するものです。初期投資を抑えられるクラウドサービスを用いるため、高価な専用システムを導入せずとも短期間で各企業に合った会計情報管理を実現します。

◇ サービス内容
 ● 業務情報テンプレートセット(個別原価対応業務日報テンプレート他、多数)
 ● 情報ケアサービス:業務活用コンサルサービス、業務適用アドバイス、
            活用教育サービス(スクール形式、マンツーマン形式、出張形式など)、ヘルプデスクサービス

◇ 対応クラウドシステム
 ● クラウド版「サイボウズ Office 9」
   http://products.cybozu.co.jp/office/
 ● 「Microsoft® Office365 SharePoint Online」
   http://www.microsoft.com/ja-jp/office365/online-software.aspx
   (サイボウズが開発したSharePointアドオンツール「サイボウズSPApps」http://spapps.cybozu.com/jp/ を含む)

◇ システム構成図
会計情報活用促進サービスforクラウド システム構成図

◇ 「会計情報活用促進サービス for クラウド」詳細情報URL
 http://www.kccnet.co.jp/service/care_accounting.html

■ セミナーの実施
平成23年12月より、協立情報通信とサイボウズは、共同でプロモーションやセミナーを実施します。協立情報通信が運営する「情報創造コミュニティー」にて、会計システムに連携する情報活用テンプレートのご紹介や、利用事例に沿ってサイボウズの製品を体験できるセミナーを、毎週開催します。

◇ セミナー詳細情報URL
 http://www.t-itc.jp/cybozu/
「情報創造コミュニティー」では、日本電気株式会社(本社:東京都港区、社長:遠藤信博、以下 日本電気)と連携し、先進のスマートフォンの紹介をはじめ、クラウドの活用を支えるNWインフラ基盤「UNIVERGEソリューション」を展示・紹介し、クラウド活用に関する総合的なサポートを受けられる体制となっています。

■ パートナー企業様よりエンドースメントをいただいております
 株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)
 代表取締役社長 和田 成史 様

OBCは、この度の協立情報通信とサイボウズのクラウドビジネスに関する協業により、クラウド版「サイボウズOffice」、「Microsoft® Office365」というクラウド環境との連携活用がサポートされることを歓迎いたします。弊社の有力パートナーである協立情報通信様のワンストップサービスは、弊社「奉行シリーズ」がパッケージとしてさらなる活用価値の向上を実現し、中堅中小企業のお客様のビジネスに、より貢献されると期待しております。 弊社は、奉行シリーズのますますの機能強化と共に、マイクロソフト製品との連携強化、お客様の製品に対するご要求に対して、今まで以上に幅広く対応し、今回の販売強化へのご支援を行ってまいります。

 日本電気株式会社
 企業ソリューション事業本部長 橋沢 太一郎 様

日本電気は、この度のサイボウズと協立情報通信とのクラウドサービスに関する業務提携により、多くの中堅・中小企業における「場所を問わない情報活用」が進展すると期待しております。弊社は、クラウドサービスに適した情報端末・コミュニケーション端末、UNIVERGEソリューション等を提供し、本協業の成功に対し、一層のご支援を行ってまいります。

■ 協立情報通信とは
中堅・中小企業への ICT 導入や情報活用の促進を推進し、クラウドサービス、会計情報サービスを中心にインフラからソフト、教育、コンサルまで情報の活用面に重きを置いたサポートサービスを提供している企業です。マイクロソフトのクラウド・アクセラレーター・パートナーとして、国内500社以上のクラウドサービス導入実績を持ち、2005年、2009年、2010年に続き、「マイクロソフトパートナー・オブ・ザ・イヤー2011」にて、3年連続4回目となる「オンライン・サービス・パートナー・アワード」を、また「2011マイクロソフト・ワールドワイド・パートナー・アワード」のオンライン・サービス部門で受賞しています。OBC販売パートナーとしては、「OBC パートナアワード 最優秀賞」を、2008年度から3年連続で受賞しています。

■ サイボウズとは
Webベースのグループウェア製品を中心に、企業向けソフトウェアやクラウドでのコラボレーションサービスを提供している企業です。便利な情報システムを簡単に実現できるよう製品開発とサービス提供に取り組み、主力製品であるグループウェア「サイボウズOffice」と「サイボウズ ガルーン」は、国内30,000社を超える企業に導入されています。マイクロソフト社との業務提携によりSharePointアドオンツール「Cybozu SP Apps」を開発・販売しており、2011年は、「マイクロソフトパートナー・オブ・ザ・イヤー2011」をISV/ソフトウェア部門で受賞しています。

ページトップ