• ニュース
  • ソリューション
  • サービス・サポート
  • イベント・セミナー
  • 会社情報・IR情報
ホームニューストピックス > 書籍「情報活用で未来を切り開く」出版のお知らせ

トピックス

2015年

書籍「情報活用で未来を切り開く」出版のお知らせ

2015年03月3日(火)

情報活用で未来を切り開く

2014年、ラジオ日本の「こんにちは!鶴蒔靖夫です」に、当社社長 佐々木が出演したことをきっかけに、この度、当社の創業からの取り組みや考えをまとめた書籍が出版されました。

書名

「情報活用で未来を切り開く - 中小企業は、情報化で無限大に強くなる その秘密は、協立情報通信にあり -」
(著者:鶴蒔 靖夫)

内容紹介

大企業に比べICT化・情報化が遅れている日本の中小企業。
そんな中小企業を全力でサポートし、未来へと導く企業が「協立情報通信」である。
創業以来、長きにわたり築き上げた「経営情報ソリューション」によって、中小企業の情報利活用の活性化・価値創造をサポートし続ける協立情報通信のビジネスモデル、未来感がまとめられた1冊となっている。

目次

・第1章 日本の中小企業におけるICT利活用の現状
・第2章 情報化のすべてをサポートする「協立情報通信」
・第3章 経営情報ソリューションで顧客の企業価値創造に貢献
・第4章 情報活用能力の育成をサポート
・第5章 協立情報通信の強さはどこからくるのか
・第6章 協立情報通信と情報化社会のこれから

著者について

鶴蒔 靖夫

評論家。パーソナリティ。1938年、樺太に生まれる。フリーライター、雑誌「人物評論」編集主幹を経て、著述活動に入る。「こんにちは!鶴蒔靖夫です」(ラジオ日本)は放送7900回を超える長寿番組。
主な著書に「『梅の花』のおもてなし」「LED革命」「続続 大変革を読むヒント」「すべては学生のために」他多数。

概要

書名:「情報活用で未来を切り開く - 中小企業は、情報化で無限大に強くなる その秘密は、協立情報通信にあり -」
発行日:2015年3月3日より順次全国販売
定価:1,800円(税抜)
発行:株式会社IN通信社
著者:鶴蒔 靖夫

販売について

Amazonで購入可能となっております。
情報活用で未来を切り開く - 中小企業は、情報化で無限大に強くなる その秘密は、協立情報通信にあり -

書籍を読まれた方からのメッセージ

「顧客の継続的な発展に寄与し続けるために、単にモノを売る会社でいるのではなく、保守サービス契約を重視して、顧客に対し、継続的に新たなコトを提案していく、そのために、知を重視する」という佐々木社長の経営についての考え方に、大変感銘を受け、大いに刺激を受けました。(法律事務所 弁護士)

素晴らしい言葉がありました。「人の成長は教育と自己学習の継続なり」。また「四季を耐えることができる宿根を持ち、何年もかけて成長して、大輪の花を咲かせる多年型の草花のような企業を目指しています」という言葉。佐々木社長が日常を送る姿勢・信念を「自己学習の継続なり」という言葉に、個人の人生も、会社経営も、無期限に継続するという、佐々木社長の強い意志を感じました。(70代 男性)

今から30年前、PCで報告文書を作成していましたが、メーカーによってキーの位置が変わるのが煩わしくなり、PCを使わなくなっていました。今になって、この本を読むことで、ICTの時代に背を向けている自分に、はたと気付き反省しました。コミュニケーションの道具としてもっと用いるべきであった、と。そう、人に思わせるほどの強烈なメッセージを、この本から感じます。(税理士事務所 税理士)

 

本件に関するお問合せ先
協立情報通信株式会社
担当:関連業務部 新井、鈴木
TEL:03-3438-0133
email:info@kccnet.co.jp

ページトップ